D.S.~ダルセーニョ~のブログ(仮)

自分で勝手に考えたことを色々書いています

都民ファーストの会とナチスドイツの類似点

・初めに

 このブログは私一個人の勝手な見方で、都民ファーストの会ナチスドイツの類似点を記述したものです。一個人の考えに過ぎないという事はご了承ください。

 また都民ファーストの会ナチスドイツの類似点を指摘しているのであって、同じ存在だとは思っていません同じにならないといいけど。そこは誤解のないようお願いします。

 

 ちなみに今回、試験的に敬語口調で記述しています(一部違うけど)。

都民ファーストの会ナチスドイツとは?

 今回は都民ファーストの会ナチスドイツの類似点を指摘してみたいと思います。まずはそもそも「都民ファーストの会」と「ナチスドイツ」って何なのかから説明します。

---都民ファーストの会とは?

 まずは都民ファーストの会とは何なのか?から。都民ファーストの会は東京都を地盤とした地域政党で、創設者は現在東京都知事である小池百合子氏。彼女が主催する政治塾「希望の塾」が母体となっており、そこから輩出された者が政治家となっています。発足は2016年9月20日からで、現在(2017年9月日)ちょうど発足から一年目を迎えようとしています。

 そのため所属議員の多くは政治経験の浅い者が占めております。都民ファーストの会を支持する多くの人々は、これからの活躍に期待しているとのことです。とはいえ、素人ばかりが政治家なのではなく、自民党民進党から鞍替えした人も存在しております。総体的に見たら政治未経験の人が多いだけです。

 以上のことから、小池百合子氏の影響力が非常に強い政党で、実際に2017年7月2日に投開票が行われた東京都議会議員選挙では、マスメディアを中心とした小池人気に便乗する形で、多くの議員が当選を果たし、東京都議会の第一党にまで上り詰めました。

 この東京都議会議員選挙の大勝と都民ファーストの会小池百合子氏の影響が強いことを受けてか、投開票が行われた翌日の3日には、小池百合子氏は都民ファーストの会の代表を東京都知事特別秘書の野田数氏に譲渡して、自身は特別顧問に戻っています。ちなみに小池氏は同年5月30日に自民党の党籍を離脱して、都民ファーストの会の代表に就任しています。代表就任してからわずか一か月余りで野田氏に譲ったことになります。

 政治的方針は何も示されていませんが、小池百合子氏・野田数氏共に日本会議国会議員懇談会に所属する右派政治家出身であることから、右派~中道右派と見るのが最も近いとのことです。しかしながらこれはあくまでも見方の一つであり、実際には右派とは全く違った政策をする可能性もあります。なにせ政治的方針が何も示されていないのだから何も評価しようがない。

 以上が都民ファーストの会の概要となります。まとめると、

小池百合子氏の影響力が非常に強い(一部では小池ファーストの会なんて揶揄も・・・)

・出来立てほやほやの新政党で所属議員も政治未経験者が多い。

・政治的方針無し。

 という、小池百合子氏の人気だけで存在している政党となります。そんな政党が東京都議会議員選挙で勢いだけで第一党になってしまったのが、現実です。・・・民主党への政権交代を思い出すのは、気のせいでしょうか?

---ナチスドイツとは?

 それではナチスドイツについてご説明いたしましょう。ナチスドイツもといナチス党は厳密には国家社会主義ドイツ労働者党という呼称となっております。設立は1919年1月で(前身はドイツ労働者党)、そこから1945年9月10日まで存在していたドイツの国政政党です。ナチス党が崩壊した10日後に都民ファーストの会が発足したことになるのか。

 ナチス党はアドルフ・ヒトラーの影響力が強い政党と言われていますが、設立自体にヒトラーは関わっておらず(7番目の党創設メンバーを自称していたが)、ヒトラーナチス党に在籍したのは1919年の9月となります。が、入党してからは一気に演説者として台頭し、ナチス党の躍進に貢献しました。それによりヒトラーは自身の株を爆上げし、1921年7月に自らを唯一絶対の指導者とする独裁権を要求、同月29日に開かれた幹部会議で認められて、以後解体するまでずっとヒトラーナチス党の代表を務めました。ヒトラーと関わっていなかったのは最初だけ、ということですね(それ即ちヒトラーナチスを乗っ取ったとも取れる)。

 ヒトラー台頭後、ナチス党は当時のドイツ国民(特に労働者層)から絶大な支持を獲得し、1932年7月に行われた選挙では全534議席中230議席を獲得して、第一党の座を占めることとなりました。その後少し議席数が減少したこともありましたが、それ以降はずっと第一党を維持していました。

 なお、534議席中の230議席は一見少ないように見えますが、当時のドイツ国政にはナチス党以外にも5つ以上の政党があり、その5つ以上の政党の中で最も議席を獲得したのがナチス党というわけです。単純な議席数だけでもヴァイマル共和制におけるそれまでの最大議席数(ドイツ社会民主党が獲得した153議席)を超える議席を獲得。得票率も5つ以上ある政党の中では最も高い37%。当時の投票率は80%台(明確なソースが発見できませんでしたが、ネットでよく見かけた数字なので採用しました)ということからも、当時のナチス党の人気が高かったのは間違いないと思われます。つまりナチスは最初から独裁体制を行っていたのではなく、民衆からの支持拡大という草の根運動から党勢を拡大していったという事になります(より詳しくはウィキペディアを参照ください。特に投票関連)。

 ナチスが勢いを強めていった背景には当時のドイツの社会状況とそれを憂い反発する演説を行ったヒトラーの存在、そしてヒトラーの演説をラジオ等で流したメディアの存在が挙げられます。

 そんなナチス党の政治思想は国家社会主義で、社会主義ナショナリズム(民族統一主義)、反ユダヤ主義などを主張しました。

 現在ではナチスは極右扱いされていますが、前身となったドイツ労働者党は、社会主義を掲げていたとはいえ、労働者のための政党でもありました。当時のドイツはアメリカを中心とした国々によるブロック経済の影響を受けて景気が低迷。そんな時代だったからこそヒトラーの演説は民衆の心をつかんだのだと思っています。そしてそのヒトラーもまた反ユダヤ主義を掲げていたとはいえ、ドイツの未来のことを考えた政治を行っていました。つまりナチスにしろヒトラーにしろ当時のドイツ国民のことを考えて行動していたということなのです。そりゃ右派だもんね。言い換えれば、ナチスヒトラーはドイツファーストだったのではないでしょうか?

 都民ファーストの会ナチスドイツの類似点

  以上、都民ファーストの会ナチス党について簡単にご説明しました。両者の共通点を挙げると次のようになります。

・一人の人物の影響力が非常に強い。

・メディアを用いて人気を獲得。

・右の政治思想を持っている。

 どちらもヒトラー小池百合子というカリスマの影響力が強い政党であり、どちらもメディアを用いて人気を獲得して、どちらも右寄りだと言われています。右寄りの部分はこじつけに近いかも

 更に言うならば、どちらも選挙で議席を獲得して勢力を伸ばした挙句、独裁体制になっているという特徴があります。ヒトラーナチスは言わずもがな。

 注目すべきは小池百合子都民ファーストの会で、小池百合子氏の影響力が強い政党が議会の第一党を占めてしまったら、その議会は単純に考えたら、独裁状態に近い状態になってしまいます。

 とはいえ、自民党推薦候補と自民党で多数派を占めた議会が存在していることと同じではないかと思う人がいるかもしれませんが、注視すべきは都民ファーストの会の多くの議員が希望の塾出身であること。つまり元から小池百合子氏の思想に強く影響された人物が多いという事。それでいて政治的な未経験が多い人たち。そんな人たちが小池都知事の政策に反発する政策を作ることができると思いますか?つまり前提の時点で非常に危うい人たちが都民ファーストの会で、その危うい人たちが東京都議会の多数派を占めてしまったのだから、余計に独裁体制を指摘されてしまっているというわけです。選挙での人気による独裁体制の確立という意味では、私はヒトラーよりも小池百合子氏の方が悪質なのではないかと考えています。

 またヒトラーは独裁状態に対する民衆の不満を地方・中央のナチス党幹部に流して自身に対する批判の目を向けさせないでいましたが、小池百合子氏もメディアを通じて同じようなことを行っている節があります。具体的には自身の暴挙は今までの都議会自民党が悪かったのであって、自信はそれと戦うものだというアピール(プロパガンダ)です。それによって都民ファーストの会は選挙に勝利したわけですが、その都民ファーストの会と距離を置くようになったことからも、自信に対する批判を都民ファーストの会に向けた批判に流させることを画策しているのではないかと推測してしまいます。自信はあくまでも希望の塾設立者・都民ファーストの会創設者・政策顧問なのであり、個々人の素性とは全く関係ない、というスタンスを取るつもりなのかもしれません。自民党の個々人の議員の素性の責任を安倍首相の責任にするマスメディアが、同じことを小池都知事にもするのかどうかが注目ですね。公正公平を謳うならしなきゃ駄目よ?

 以上のような奇妙な類似点がヒトラー小池百合子ナチス党と都民ファーストの会にあると私は考えています。唯一の違いとして、民族虐殺を行っていないという違いがありますが、都民ファーストの会は設立してまだ一年しかたっていない地域政党。これから化けの皮がはがれてくる可能性は十分にあります。まあ都民のお金を虐殺しているといえば、もう既に虐殺は行っているけど。

 政策の中身に関しても完全にナチス都民ファーストの会は同じではありません。そもそも都民ファーストの会に政策理念なんてないし。

 ヒトラーナチス小池百合子都民ファーストの会は完全に同じ存在だとはいえませんしならないことを望んでいます。ただ小池百合子という存在やその影響力が非常に強い都民ファーストの会、メディアを使ったプロパガンダで勢力を拡大して、議会も自分達の一派で制圧した独裁体制にしている、その現状がナチスヒトラーを連想させることを述べたかっただけであります。

 

 小池百合子都民ファーストの会は21世紀のナチスドイツになってしまうのか?注視していきたいです。