読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D.S.~ダルセーニョ~のブログ(仮)

自分で勝手に考えたことを色々書いています

2016年11月24日に首相官邸に投稿したもの

2016年11月24日に首相官邸に投稿した内容をここに記載します。 よろしければ、一緒に考えてくれるとありがたいです。

 

テーマ:日露交渉は日本の主張を忘れないで!

 

こんにちは。
もうすぐロシアのプーチン首相が日本に来日されますね。
北方領土を始めとした日露交渉はプーチン首相の来日で一区切りがつくと思います。
ですが、それで全てが解決するはずはありません。
今後もロシアとは粘り強く交渉していくことになると思います。
今後のロシアとの粘り強い交渉の際には、ロシアの要求に応えるのではなく、
日本の国益を第一に考えて交渉を行ってください。

今のロシアとの交渉は北方領土の返還が主軸です。
ロシア側は北方領土の返還交渉のカードに、
強固な経済連携を結ぶことを求めていると思います。
しかし日本にとって重要なのはロシアとの経済連携を強めるのではなく、
北方領土の返還です。
北方領土の返還交渉をうまく進めるためにロシアの提案を「利用」するのが、外交交渉だと思っています。
なので安倍政権は決してロシアの言いなりになってロシアの要求に応えるのではなく、
日本の主張を重視して、もっと強気に出てほしいと思っています。
言うなれば、北方領土が帰ってこないのならロシアとの経済連携を結ばない、ぐらいの気持ちでロシアとの交渉に臨んでほしいです。

「今の日本」では恐らく北方領土全島が帰ってくることはないでしょう。
しかし、「未来の日本」がどうなるかはわかりません。
今現在のロシア交渉は未来のための布石と考えて、
決して成果を出すために、中途半端な妥協案で終わらせることはしないでください。
今後も粘り強くロシアと交渉していく気概を、ロシアに見せつけてほしいです。
決して驕らない、急かさないで、一歩一歩確実に、
北方領土解決に向けたロシアとの交渉を進めてください。


今までもそうでしたが、これからはより頻度を上げてご意見投稿をさせて頂きます。
それは国民の意見に耳を傾けてくれる安倍政権を信頼しているからです。
2016年もあと少しですが、もうすぐ終わるといって気を抜かないで政治に励んでください。
真摯に政治に取り組む安倍政権の姿を見れば、
きっと国民は理解を示してくれると思います。

それでは。