読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D.S.~ダルセーニョ~のブログ(仮)

自分で勝手に考えたことを色々書いています

シン・ゴジラを批評してみる。アレは「ゴジラ映画」ではない

・初めに

 この文章は映画「シン・ゴジラ」を観に行った感想を中心に述べています。もしかししなくてもネタバレ注意です。あと基本的に否定しかしていないので不快になるかも。ご注意ください。

 あとめっちゃ長いです。時間を十分に確保して閲覧することをオススメします。

 

・私はアレをゴジラ映画とは認めたくない

 今回の文章では「シン・ゴジラ」(以下点は省く)を観に行った感想を述べたいと思う。いつも書いているものとは違う趣旨の文章になるが、ご了承願いたい。結局分量はいつも通り・・・ってかいつもより多いよ!さすが趣味。全編を通してシンゴジラについて述べているが、補足で色々述べていたりする。

 まずシン・ゴジラの感想について正直に一言だけ述べよう。過去最悪のゴジラ映画だった。正直に言うけど、かつて日本が盛大に叩いた私が通称「マグロ」と呼んでいるローランド・エメリッヒ版のゴジラ(以下マグロ表記)を笑えないレベルだと私は思った。まあアレに比べれば一応主役のモンスターのゴジラらしさは維持しているが、こちらもこちらでなあ・・・と言う気がしなくもない。とにもかくにも私一個人的には歴代ゴジラ史上最悪のゴジラ映画という認識だ。むしろアレをゴジラ映画とは認めたくない

 元々私は「監督庵野秀明」の時点で全く期待していなかった。理由は彼の代表作のエヴァンゲリオンが全く好きになれないからだ。正直エヴァンゲリオンはなぜ評価されているのかがわからない、意味不明なものだと思っている。元々エヴァンゲリオンを好きになれなかったからこそ、「監督庵野秀明」の時点で期待していなかったというわけである。それでも「ゴジラ映画」なのでゴジラファンの一人として観に行ったが・・・結局「監督庵野秀明」で評価しておくのが正解だったようだ。

 ここからは具体的に何が駄目だったのかについて述べたいと思う。

ゴジラ映画で行う内容なのか?

 まずはこちらを読んでもらいたい。

 こちらの文章でこのような一節がある。

「日本に脅威をもたらすものが仮にゴジラでなく、敵対する組織や国からの攻撃だったとしても、本作の筋書きは当てはまる。」

 ストーリーはこちらに書かれてある通り初めてのゴジラと呼称された巨大生物に日本政府がどう対応するのかというのが描かれている。前例のない事態に政府が右往左往する姿が描かれており、確かに怪獣映画に新しい切り口をもたらすものかもしれない。

 だが一節にも書かれてある通り、前例のない事態がゴジラ以外であったとしても同じようなストーリーは描ける。逆に言えば、ゴジラでなくても今回のストーリーは成立できるということだ。ゴジラガメラだったとしてもストーリーは成立する。キングコングだったとしても成立する。キングギドラ・・・も一応成立するだろう(むしろ宇宙生物の襲来の方がはるかに前例のない事態じゃね?)なぜ「ゴジラ」で今回のストーリーを描いたのか?わざわざ「ゴジラ」で描くほどのストーリーなのか?まずストーリーの面から疑問が沸いた。

 そもそもの話として、緊急事態に何もできない、制約がある日本がおかしいだけの話だ。マニュアル通りの事しかできない、マニュアルにないことは首相をはじめとした責任者の許可がいるのが日本だ。そんな日本を痛烈に風評したのが本作だというのなら、こういう描写でもよいと思う。だが世界から見たら緊急事態に何もできない日本の方がおかしい。そもそもアメリカでこのようなストーリーを描こうとした場合、アメリカ人はなぜそのようなものを描かなければいけないのかという疑問が浮かぶだろう。マニュアルになくても国を守るために自分なりに考えて行動するのが世界の常識だ。上官の指示を待つ必要はない、そもそも上官が責任は取ると明言して人々に国を守るための行動をさせるのがアメリカをはじめとした世界なのである。つまりシンゴジラで描かれることは日本でしか描かれないことであり、それは世界からしたら奇妙なことなのである。自分達のおかしさをわざわざ映画として表現するのか?歴史的観点から見たら誤った歴史を描くことは重要かもしれないが、それはある意味自虐史観の究極のものだと私は考えている。

 そんなストーリーを導くためのセリフ回しが酷過ぎる。役者のセリフが早すぎ、滑舌悪すぎ、声低すぎで何を言っているのかわからない場面が多すぎる。どうもあのセリフ回しはアニメのようなものにしたかったとのことらしいが、アニメと実写を混同させるんじゃないよ。俳優が声優と同じ演技ができないことは各種アニメ映画のゲスト声優で証明されているでしょう。まあ中には本来の声優よりもはるかに上手に声の演技をする俳優もいらっしゃるが、俳優全員が声優並みの演技ができるわけがない。あのセリフ回しの酷さは役者の力不足というよりも、あんな描写を行った庵野監督に問題があると言わざるを得ないだろう。役者を無駄に大量に起用した結果があの様なら、数さえ多ければいいというものでもないということがよくわかるだろう。とはいえ演技力のない俳優を起用するのはゴジラ映画ではよくある光景だが、多すぎるのもどうなのよ・・・。日本の役者レベルはここまで落ちたの?としか思えなかった。そりゃいい映画なんか生まれるわけないわな。

 役者についてはさておき、シナリオというかセリフに関しては、少なくとも私の脳みそでは情報量が多すぎて全てを把握するのは無理だった。だからなのだろうか、後半は何をしているのか全く分からなかった。一応大まかな動きは理解できたが、どうしてそのような結論に至ったのかが全く分からなかった。私の理解力が低かっただけか?まあ後半は本気で嫌になっていて早く終わってくれと思っていたというのもあるかな。

 あと無駄なセリフが多いような気がした。場を和ませるセリフとかは、役者の演技力がなっていないのか作風なのかはわからないが、全く和んでいないような気がした。というか全体的に暗い。冷たいといった方がいいだろうか。それが持ち味なのかもしれないが、結局あのラストで冷たい作風なのは全く希望にはなれないのだが・・・。

 そのラストが結局人間側の勝利というのが最大に気に入らない。それじゃあ結局今の日本の状態でも、人が良ければ何とかなるという希望的観測に縋っているといっているようなものではないか。結局最後は人間の良心に期待する時点で全く現実を反映していないと思う。良心で日本が動いているのならいじめはこんなに多くなってないし、ハラスメントだって横行していない。何よりも子供が大量に自殺しているわけないではないか。今の日本を風評するのなら最後の最後でゴジラのようなものによって日本が滅ぼされるようにするべきだったと思っている。そうすればわざわざ「ゴジラ映画」で描いた意味が出るはずだ。希望を与えるのならわざわざゴジラ映画でなくてもよいはずだ。

 ストーリーに関する結論を述べれば、わざわざ「ゴジラ」を使ってまで描くべきストーリーだったのだろうかという疑問がぬぐえない。だとしたら最後に人類がゴジラのようなものを止めるのは、私は納得がいかない。結局止まっただけでまた動き出す危険性がある。あれだけの被害を出したゴジラのようなものをあのまま放置しておくことこそが一番危険だと私は思う。あんな状況でゴジラのようなものと共存していかなければならないと述べるとか、被害にあった人々の事を全く考えていないではないか。少なくとも、国民を大事にすると述べている人のセリフではない。

 細かく見てみるとストーリーに矛盾点が生じるような気がする。結局の所はフィクションだからが故のご都合主義的な部分はあるかもしれないが、だったら批評家の方々は現実に即したと言わないでほしい。本当に現実に即していたのならゴジラのようなものを最後に封じることはできず、日本は滅びを迎えるラストになっていただろう。そっちの方が問題提起としてのメッセージ性も出たはずだしな。

ゴジラのようなもの

 続いての駄目だった点は何と言ってもシンゴジラで描かれているゴジラのようなものだ。一番最初にあのビジュアルを見た時、私はビジュアル的には歴代最低のゴジラという感想を抱いた。単純明快に気持ち悪い。わざとそうしたのだと思われるが、それでもゴジラファンとしてはあのゴジラは受け付けられない。まあマグロに比べればはるかにゴジラだが、マグロをゴジラではなく一つのモンスターとしてみた場合、あの造形結構好きなのよねえ。ゴジラのようなものもゴジラとして見なければ受けつ・・・けないな。結局あのデザインには生理的嫌悪感しか抱けない。

 とはいえ、あくまでもビジュアル面での話だ。ビジュアルがあれでもちゃんと「ゴジラ」として描かれていれば許容はできた。ところが、実際に観に行って最初に出てきた巨大生物に目を疑った。ネタバレになるが、私は最初あれはゴジラだとは思わなかった。確かにゴジラの背びれのようなものがあるが、ゴジラとは別の生物だろうと思っていた。それぐらいゴジラとかけ離れた外見だったからだ。ところがその生物が急に成長して二足歩行になった時に私は絶句してしまった。えっ・・・?これがゴジラなの・・・?作中で言われている第二形態(第三形態?結局そこも理解できなかった)になった時に、ゴジラでおなじみの咆哮が発せられた時に初めてその生物が今回のゴジラであることを認識した。この時点で既に引いていた

 そこからお披露目されたビジュアルになって東京を侵攻した中盤。いよいよ放射熱線が披露される時に、私は更に目を疑った。そのゴジラの口がぱっくりとまるでプレデターの顔のように開いて熱線のようなものを吐いたのだ。それは見慣れた放射熱線ではない全くの別物、そもそも放射熱線ですらないような気がした。作中曰く体内の放射能を大量に放出しているとのことだが、だとしてもあまりにぶっ飛んだ「放射熱線」に絶句してしまった。威力は歴代最強クラスの威力。そりゃそうだ。従来の放射熱戦とは違うものなんだから。むしろ放射熱戦ではないと思った方がいいだろう。

 その他にも背中や尻尾から紫の光線を出して対空兵器を迎撃していた。いやゴジラの対空迎撃能力は確かに異常だが、あれで表現するなよと思った。そりゃ異常な対空迎撃能力になるわ。ゴジラの持ち味は熱線だけで迎撃することだろうに。尻尾からの熱戦はもはや意味不明。更に言えばなぜ紫にしたのかという疑問がある。禍々しさの演出か?それともミレニアムの時みたいな苦情?ハリウッド版には言わないのに日本には言うの?意味不明。血のようなグロテスクな体液をまき散らすし、はっきり言って私はあれをゴジラと認めたくない。いくら何でも元々のゴジラとはかけ離れている。姿形が従来のゴジラに似ているだけの何かだ。

 動きもすごく気持ち悪かった。全く微動だにしないで進んでいるかと思ったら、突然ぬるぬると動き出すとか違和感しかなかった。お前そんだけ動けるのだったらなぜ最初から動けねえんだと。先にも述べた体内のエネルギーを口から放射するシーンの際の動きは本当に気持ち悪かった。今までの動きとは比べ物にならないほどの早い動きで逆に違和感しかない。ぶちぎれたと見たらあんな動きになるのも理解できるかもしれないが、怒る時と通常の時とでの落差がありすぎだろう。

 以上からビジュアル面で最低だったゴジラのようなものが作中の描写でも非常に気持ち悪いものだったので過去最低のゴジラという認識に落ち着いてしまった。本気でアレだったらマジでマグロの方がマシなレベル。少なくとも今までにあったゴジラのカッコよさは微塵もない。ただただ生理的な嫌悪感しか抱かない物であった。

 生理的な嫌悪感を演出するためにゴジラをあんなものにしたのだと思われるが、いくら新しいゴジラを見せるといってもあそこまで行ったらやりすぎだ。結局の所外見と声を似せた別物じゃないか。かつてのマグロと全く同じで、マグロを批判できないと思ってしまった。私はあれをゴジラとは認めない。かつてのマグロが「巨大イグアナNYに現る」と揶揄されたのと同じで、「巨大生物日本に現る」と揶揄してもいいだろう。実際にゴジラ映画でなくてもストーリーは成立するのだからな。「巨大生物日本上陸。その時政府は・・・」が正式なタイトルじゃないのか?私はあの生物をゴジラとは認めないから、シンゴジラゴジラ映画とは認めないということなのである。新ジャンルの怪獣映画としてなら認めてもいいかもね。

 あと声も気になった。歴代のゴジラの鳴き声が高いものから低いものまで多く流用されていた。具体的には初代の鳴き声、平成最初の低い鳴き声、昭和・VS・ミレニアムのようなおなじみの鳴き声。なんか全部使われている気がするが細かく聞いてみるとわかるが、歴代ゴジラの鳴き声は作品ごとに少しずつ変化していたりする。とにかく、歴代ゴジラの鳴き声のオンパレードだったが、逆に多すぎて違和感しかなかった。一つの生物の鳴き声があんなバリエーションあるわけねえだろ。そもそも音が違うし。お前は声優か何かか。鳴き声だけは統一してほしかった。鳴き声のパターンが多すぎて逆に違和感しかわかなかったのもあの生物のようなものをゴジラと認めない理由の一つだ。少なくとも鳴き声に関してはマグロゴジラと全く一緒、ゴジラであるという演出のための鳴き声としか思えない

 そもそもの話として、あれは生物なのだろうか?作中で生物を超越したものと表現されているが、どう見ても巨大ネクロモーフにしか見えないんだがそういやデッドスペースにもマグロのようなものがあったっけ。

・歴代ゴジラ作品への経緯が感じられないシンゴジラ

 物事には越えてはいけない一線というのがある。元ネタがある上でその一線を越えてしまった物は、それはもはや元ネタと同じものではなくなってしまう。シンゴジラはまさにゴジラとして超えてはいけない一線を越えてしまったと言わざるを得ないだろう。そんなゴジラではないシンゴジラはもはや元々の「ゴジラ映画」を軽視したものであると言わざるを得ない。少なくともあの作品に「ゴジラ映画」への愛は感じられなかった。

 一応ゴジラ映画だというアピールをするためなのか、歴代のゴジラ映画の音楽も使われていた。ゴジラのテーマと地球防衛軍マーチ、初代ゴジラのBGMも使われていたな。逆に言えば、有名所しか使われていないということである。しかも歴代ゴジラのBGMが作品と全く合っていない。ゴジラの姿が現れた時に流れたゴジラのテーマは全くあっていないと思った。突然ドンと出して何も破壊しないで歩いているだけの状態でテーマを流しても全く高揚しないわ。むしろでかすぎて違和感ありすぎて全然興奮しなかった。重厚感も感じられなかったし、マジで作中に出てきた一般人の何あれえ?って感じ

 そもそも歴代のゴジラのテーマというのは海中から現れる時に大体流れている。恐らくそれは故伊福部昭氏のこだわりだろう。彼はかつてゴジラの音楽の演奏の際に「私を見るな。映像を観ろ!」と言って映像に合わせた演奏に力を注いでいた。だからゴジラが出現するシーンでゴジラのテーマが流れると非常に興奮するのである。伊福部昭氏の映像と音楽へのこだわりがあったからこそ、ゴジラを始めとした伊福部氏が手掛けた映画作品は素晴らしい作品になっているのである。

 そんな伊福部氏の哲学を理解しないでただ使用するだけなのは、伊福部氏に対して失礼だと思わないだろうか?少なくともあの作品に伊福部音楽は合わない。むしろなぜ使ったと言わざるを得ない。

 余談だが、作中の音楽自体もエヴァを連想させるようなフレーズがあり、しかも似たようなものばかりで耳に残らなかった。耳に残るものは精々PVで使われている音楽ぐらいか?会議のシーンで使われていた思いっきりエヴァな音楽は逆にもう聴きたくないほど使われていてうんざりした。エヴァのBGMがトラウマになるって相当だぞ。暴走のBGMは好きなのに。いくらなんでもエヴァ感を出し過ぎだ。伊福部音楽は合わないわ、それ以外のBGMはエヴァだわで、本当にゴジラ映画なのか疑問なBGM選びと言わざるを得ない。そういう意味でもあれをゴジラ映画とは認めていない。ゴジラが好きな人間がエヴァンゲリオンも好きだとは限らないし、逆にエヴァンゲリオンが好きな人間がゴジラも好きだとも限らないんだぞ

 他にもそもそものあのゴジラ自体が敬意のへったくれもないものだ。ゴジラはなんで生まれたのか庵野監督は本当に理解しているのか?ただ放射能と絡めればいいという物でもないんだぞ。初代を彷彿とさせるとか製作陣の誰かが述べていたのをどこかで見た気がするが、全く初代とはかけ離れたものであると言わざるを得ない。ただ初代に似せただけであり初代ゴジラに対する敬意は全くといっていいほど感じられなかった。もしもゴジラ創設の四天王、田中友幸本田猪四郎・伊福部明・円谷英二がシンゴジラを観たらどんな感想を抱くだろうか?私は、四人全員があれはゴジラではないと述べていたと思う。先人たちのゴジラ観をぶち壊したシンゴジラは、かつてのゴジラ作品を侮蔑したものであると言わざるを得ないだろう。新しい作品というのはかつての作品に対する敬意を払ってこそ、生まれ変わるものなのである。恐らくこれはゴジラに限った話ではないだろう。今の日本人は先人たちに敬意を払っているのだろうか?

ゴジラとは一体何なのか?

 そもそもの先人たちの「ゴジラ観」とは一体何なのか?あくまでも私の私感だが、恐らく共通しているのは、特別な存在であろう。神でもなければモンスターでもなければキャラクターでもない。ゴジラゴジラと先人たちは思っていたと考えている。でなければここまで長くゴジラシリーズは続いていない。

 そもそも初代ゴジラが作られた経緯をご存知だろうか?それに関してはこちらの文章で述べているので良かったら見てほしい。簡単に言えば、当時の日本の状況がゴジラを生み出したといっていいだろう。当時は戦後の復興期であり、企画を考えていた円谷英二氏は戦争の恐ろしさを知ってもらいたいと考えて、怪獣映画の作成を考えていた。そんなときに起こった出来事がビキニ環礁なのである。ここからゴジラの発想が生まれて設定も確立されてきた。そうして出来上がった初代ゴジラは、まるで戦争のようにゴジラが東京の街を蹂躙する姿が描かれていた。

 初代ゴジラは戦争との関連が非常に強い。それは作品を見ればわかる。例えば学校で子供たちが避難する映像は、実際に空襲が起きる際の避難そのものだ。子どもたちは空襲の際の避難訓練をしっかりと身に着けていたから、あのようなてきぱきとした動きができたのだ。またゴジラの被害を受けた人々とその人たちの心を癒し、死んでいった人たちのための鎮魂歌を歌っている子供たちの姿は、まさに戦争の被害にあった人たちと彼らを癒し、亡くなった者を弔うために歌っている子供たちの姿そのものだ。初代ゴジラは怪獣映画であると同時に随所に戦時の風景が残っている記録映画でもあるのだ。だからあの作品は他の怪獣映画とは一線を超えた映画になっているのである。

 そしてゴジラ自身もキャッチコピーは核や戦争の恐怖の象徴だ。あのゴジラにはビキニ環礁だけでなく原爆を落とされたことに対する怒りも込められている。ゴジラが破壊神として描かれているのは、人類に対する怒りの象徴でもあるのだ。

 その怒りの象徴としての破壊神を最も反映した映画は「ゴジラモスラキングギドラ大怪獣総攻撃」であろう。あの作品も金子修介監督の趣味全開の映画であるが、造形はまごうことなきゴジラだし、あの圧倒的無双っぷりは初代ゴジラを彷彿とさせる。異色ではあるが立派な「ゴジラ映画」だ。あの映画のゴジラは、太平洋戦争を始めとした多くの戦いで犠牲となった者たちの、無念や怨念などの残留思念が一つになった存在として描かれている。いわば過去を忘れた現代に過去の事実を突きつけに来たのだと私は解釈している。平成ガメラ三部作を手掛け、完全に趣味全開で作った金子修介氏も、ゴジラの基本精神である怒れる神ということは忘れていないことが、この映画を見れば理解できる。それでいてエンドロールで伊福部氏の音楽を使っているのだから、先人たちに対する敬意もちゃんとあると言えよう。

---アメリカで受け継がれたゴジラの精神

 そして何よりも、核や戦争の恐怖の象徴であるゴジラがちゃんとした「ゴジラ」としてアメリカに上陸したのはまさに歴史的な出来事と言えよう。ギャレス・エドワーズが監督して2014年に公開されたGODZILLA(以下ギャレスゴジラと表記)の事だ。どちらかと言うとあの作品は平成ガメラシリーズを意識したような造りになっているが(逆に言えば平成ガメラシリーズにも敬意を払っているとも言える)、原爆を落としビキニ環礁を起こした国をゴジラが蹂躙するのは、ゴジラ創設四天王の方々からしてみれば感慨深いものであるだろう。結局アメリカの敵であり恐怖の象徴としての描写はないが、ゴジラの基本である圧倒的な怒れる神のような存在感はちゃんと継承されている。あの映画もまさにれっきとしたゴジラ映画であろう。むしろマグロの失敗があったからギャレスゴジラが生まれたのだとも思っている。巡り巡ってギャレスゴジラというゴジラの精神を受け継いだハリウッドのゴジラ映画を生み出したと考えると、私の中ではマグロに対する評価が変わってきていたりする。それでもあれをゴジラ映画とは認めないけどね。造形は一モンスターとしてなら評価する。

 何よりもギャレスゴジラで一番嬉しいのは、ちゃんと日本のゴジラに敬意を払っていることだ。主に初代かもしれないが、登場人物に芹沢の名を登場させたことは日本に対する敬意の一つだろう。その芹沢博士を演じている渡辺謙氏もゴジラには特別な感情を抱いている節が見られる。渡辺謙氏が演じている芹沢博士の口から初めてあの巨大生物はゴジラと呼んでいると言われるのだが、その時の謙氏の発音は米国音の「ガッズィーラ」ではなく日本語音の「ゴジラ」であった。その時のセリフは「We call him…ゴジラ。この「We」は作中の解釈からすれば我々研究者という意味だが、これは完全に私の推測だが、意地と誇りを込めて謙氏が放ったこのセリフに込められた「We」には我々日本人という意味も込められているのだと私は考えている。渡辺謙氏は意地でも「ガッズィーラ」ではなく「ゴジラ」と発音したかったとパンフレットでも述べている。「We call him…ゴジラ」のセリフには「我々『日本人』は『ゴジラ』と呼んでいる」という彼の思いが込められていると私は解釈している。

 そんな渡辺謙氏の想いを国産ゴジラが踏みにじってしまったのはこの上なく残念だ。シンゴジラでは日系の米国エージェントが登場している。アメリカ人がゴジラを現地読みのガッズィーラと発音するならまあ仕方ないと許容できる。しかし日本人が演じている日系のアメリカエージェントが、アメリカ読みのガッズィーラと発音してしまったのは凄く残念だ。そこは違和感があっても謙氏のように「ゴジラ」と明確に呼んでほしかった。まあアメリカが最初にアレを発見したみたいだからそもそも「ゴジラ」と呼べなかったのかもしれないが、それでも謙氏の熱意からくる「ゴジラ」を観たからこそ、石原さとみ演じる米国エージェントのガッズィーラの発音には、この上なく残念に思ってしまった。私がシンゴジラを低評価する理由の一つであったりする。

 最終的に渡辺謙氏の熱意に押し込まれてしまったみたいだが、謙氏の「ゴジラ」発音を認めてくれたギャレス監督は、間違いなくゴジラに敬意を払っているといってよいだろう。日本だけでなくアメリカでもゴジラの基本精神が理解されていることは、ファンの一人としてこの上なく嬉しい。そんなギャレスゴジラの続編が2018年公開をめどに作成されている。またギャレスゴジラの世界観と同一のものと思われるキングコングの映画も2017年の公開を予定していて、PVも既に出ている。最終的に、ハリウッドでキングコング対ゴジラを再現することを目標としているようだ。そんなギャレスゴジラの続編がシンゴジラを観た今だからこそ待ち遠しくなっていたりする。

 余談になるが、そもそもディズニーがスターウォーズを復活させてギャレス監督にスターウォーズのスピンオフを依頼していなければ、ここまで続編の期間が開くことはなかったはずだ。ディズニーがスターウォーズを復活させていなければ今頃公開されていたのはキングコングの方であり、シンゴジラは存在すらしなかったかもしれない。そしてギャレス版のキングギドララドンモスラといった怪獣のビジュアルも公開されていたかもしれない。別の形でゴジラ熱が巻き上がっていたかもしれないのだ。だから私はスターウォーズを復活させたディズニーを永遠に呪い続けたいと思う。恐らく今現在世界で一番ディズニーが嫌いな人間を名乗ることができるだろう。それぐらい、死ぬまで永遠に呪い続けてやる・・・!あ、庵野さんは呪わないよ。ディズニーがスターウォーズを復活させてスピンオフをギャレス監督に撮らせようとしなければ、シンゴジラだって生まれなかったかもしれないからだ。アレを見たからこそ余計にディズニーを呪いたくなっている。庵野氏に関しては今後一切「監督庵野秀明」の作品を観なければいいだけの話だ。

 

 物凄く脱線してしまったが話を戻すと、先人たちが代々作ってきた善悪を超越し、あらゆる障害をなぎ倒して、圧倒的存在感を醸し出してきた、荒ぶる神のような存在をシンゴジラは全く継承していない。見ようと思えば継承しているのかもしれないが、私はアレに関しては圧倒的存在感よりも生理的な嫌悪感しか抱かなかった。ゴジラで生理的嫌悪感を抱いたのは本当にショックだった・・・。

 破壊活動も体全体を使った圧倒的破壊ではなく、ただ熱線やビームでなぎ倒すだけの破壊で本当に落胆した。もうちょっとビルを全身を込めて壊しても良かったんじゃないか?そして破壊に関する一番の不満、それはスカイツリーをなぎ倒してくれなかったことである。まあどう考えても圧力があったのは想像に難くない。破壊もゴジラ映画の醍醐味なのに、それを行わないのもどうなのよ?ゴジラ映画ではないがハリウッドはクローバー・フィールドで自由の女神像の頭をぶっ飛ばしているというのに・・・。そもそも昔はゴジラに破壊された地域が観光スポットになっていたんだがな。本当にどうしてこうなった

 破壊に関してはさておき、あのゴジラのようなものからは生き物らしさを全く感じない。怨念の集合体のGMKゴジラですら生き物らしくワイルドに動いているというのに。着ぐるみとCGの違いもあるのかもしれないが、ギャレスゴジラモーションキャプチャを行ったとはいえ完全なCGだ。同じCGでこの違いは一体何なのだろうか?ギャレス監督がCGでも躍動感ある動きにこだわったのも、ゴジラに対する敬意からであろう。少なくとも、シンゴジラのCGからはゴジラに対する敬意は全く感じられない。むしろ俺のゴジラという圧力を出しているようにしか見えない。これもまたシンゴジラを嫌う理由の一つだ。

 ゴジラを生み出した者たちがいなければシンゴジラだって生まれていなかった。庵野監督はゴジラを生み出した人たちに対する敬意を払ってシンゴジラを製作したのだろうか?シンゴジラを観た後だからこそ本当に庵野監督に問いたい。特撮オタクでも敬意を持っていなければただの厄介者だ。特撮に限ったことではないけどね

・お前だったらどうした?

 ここまでシンゴジラを酷評しているが、お前だったらどう作ったんだ、どうせ庵野監督みたいにできないくせに、と思うかもしれない。まあただの一般人なんだから、そもそも映画を作れるわけがないのだが、もし私がシンゴジラを作っていたらどうしていたのかも一応述べておく。

 100歩譲ってストーリーはあれで良しとしよう。まずゴジラの造形を初代に近づける。具体的には細すぎる腕をもう少し太くし、血管のような赤い線は消す。尻尾の変な突起物もなし。顔の造形自体は結構評価しているが、もう少し目を強調させようか。最初の方の魚のような目ん玉と完全体の小さすぎて見えない目ん玉の中間ぐらいの大きさになるかな。そっちの方が怖さ倍増だと思うし。第一段階のあのキモイ物体は絶対に登場させないで、最初から完全な「ゴジラ」で登場させる。攻撃方法も尻尾なぎ倒しや熱線での対空迎撃、パンチやキックなどで、変なレーザーなんか出させん。まあ背びれからちょっと放出させて近距離背部限定放射は行うかも。尻尾から放射熱線とか論外。色も紫ではなく伝統の青で。中盤の放射熱戦のようなもので東京を火の海にするシーンは、思いっきり息を吸った赤色熱線や体内放射に変えるだろう。正直CG全開のあのシーンに限って言えば勝つことはできないかもしれないが、それでもゴジラで描ける最大限の破壊を行う。その後で急に尻尾が宙に浮かんだまま止まるのは違和感しかないので、尻尾もちゃんと下ろして、破壊した建物を背もたれにして、まあ眠るとかにして変更するだろう。あの大きさなんだし、エネルギーを大量に消費した後二週間ぐらい寝てもおかしくないでしょ。もしくは東京湾に潜伏とか。少なくともシンゴジラのような突然ぴたりと尻尾が宙に浮かんだまま静止するようなことはしないだろう。

 セリフに関してもあんなに早口にしゃべらせず一言一言丁寧にしゃべらせるだろう。演技力に関しては大目に見よう。主役はあくまでもゴジラなんだからな。余計な描写はカットしてシーンに重みをつける。まあ破壊シーンにだけど。当然ながら日本人によるガッズィーラ発音は認めない(これはエゴかもしれないけどね。エゴだったら庵野監督も十分やってるやんって言いたい)。まあ謙さんみたいにガッズィーラに近づけるゴジラ発音にはするかも。

 BGMに関してはあの内容だったら伊福部サウンドは使わない。精々クライマックスで日本人の作戦が成功したかに見せて復活する場面で使うぐらいだろう。そのまま伊福部サウンドが流れながらエンディングはいいだろうな。ゴジラが徹底的に東京を破壊するシーンを添えて。

 そして何よりも一番の違いはクライマックス。ゴジラに対する日本人の最後の作戦は成功したかに見せてゴジラの底力で打ち破って、結果的に作戦に携わった全員を放射熱戦で薙ぎ払う。そしてゴジラが東京を破壊しつくしている時に、米国から核ミサイルが東京に落とされてジ・エンド。核ミサイルが落ちても平然と東京に居座るゴジラの姿で作品を終わらせるだろう。まあ一番いいのは、核ミサイルを落として三度の悲劇を起こしたアメリカにゴジラが上陸してアメリカを徹底的に破壊するエンドだけど、そこまで想定して作ったらもはや別物になるので、シンゴジラとしてのエンドは東京に核ミサイルが落ちて終わりになるだろう。正直言って中途半端でしかないが、それがシンゴジラのストーリーなんだから仕方がない。

 以上こういう風に私はシンゴジラを作ったと思う。ぶっちゃけていえば、別物にするレベルだな。素人の一般人にゴジラ映画作成を東宝が認めてくれたらね。

・シンゴジラの何が駄目だったのか?

 最後にシンゴジラの何が駄目だったのかを今一度まとめる。ぶっちゃけ全部駄目だったと思う、一番大きいのはやはりあのゴジラのようなものだろう。ゴジラ映画の主役のゴジラゴジラでなければそりゃゴジラ映画とは認めたくなくなるに決まっている。造形さえまともであれば少しは良い印象を抱いたかもしれない。が、それでもBGMや役者の演技力、結局ガッズィーラの発音、全く足りない破壊描写、過去作を意識しているアピール、ラスト付近のシナリオの破綻ぶりなどの要素で、結局ゴジラ映画として見ても評価は最低クラスだったかもしれない。

・特撮に関して

  ちなみに特撮に関する評価としては、正直良いのか悪いのかわからない。確かに迫力はあった。だがあの迫力はCGによるもの。特撮によるものではないと思っている。

 そもそも特撮とCGの関係は曖昧だったりする。2000年代のゴジラ映画や平成ガメラシリーズにおいては従来の特撮にCGを加える形で映画を作っていた。特にガメラ3の映像に関しては日本の特撮映画、もとい邦画全てを考えても、未だに日本映画の最高傑作であると思っている。改めてガメラ3を見てみたら、やっぱりこっちの方が凄い。少なくとも、シンゴジラガメラ3の特撮を超えていないのははっきりとわかった。

 そんなガメラ3の特撮は様々な技法を駆使して作っていることが、メイキングを見ることで理解できる。正直ガメラ3はメイキングが本編だと思っている。あのメイキングを見て、このシーンはこうやって作っていたのか、と感心させられた。表現したい映像を作るために様々な試行錯誤を行って映画を作っていたガメラ3の特撮は、まさに日本独特の物づくり精神の結晶であると言えよう。あの発想力と一枚一枚のコマの組み合わせ方は、絶対に世界では真似できないと思っている。製作の裏側を知ったからこそガメラ3を日本映画史上最高傑作と思っているのである。本当に今の映画を作ってる人達全員に見せたいレベルなので、お暇な時にでも観てみることをオススメする。ただしガメラ3の内容自体は人を選ぶ内容なので注意が必要

 話を戻して、ガメラ3でもCGは使われているがそれは補助的なもの。あくまでもメインは従来の特撮技法であるミニチュアや着ぐるみを用いた撮影法である。一方のシンゴジラに関しては、素人が見ても完全にCGがメインの映画だ。昨今の時代は技術の発達でCGと特撮の部分がわからなくなっていたりするが、少なくともミニチュアを重視したシーンよりもCGを使ったシーンの方が多かったのは間違いない。このようなCGをメインにした特撮映画は、もはや特撮映画と呼べるのだろうか?特撮とは特殊撮影技の略称なのでCGを特殊撮影技術の枠組みに入れれば、CGがメインの映画を特撮映画と呼ぶことはできるだろう。だがCGをメインにした特撮映画は従来の特撮映画ではない。そもそも作り方が違うからだ。なのでシンゴジラを特撮映画としてみた場合、私一個人の認識としての特撮映画は、着ぐるみやミニチュアを使った撮影がメインのものなので、従来の特撮映画とは全く異なった作り方をしているシンゴジラは評価できなかったりする。もはやジャンルが違うものになってしまっていると言わざるを得ないだろう。これを良いか悪いかと見るかは個々人の自由だが、ガメラ3の制作現場にあったものづくりの精神は完全に消滅しちゃっていると思うので、私一個人としては寂しい。

 じゃあCG映画としてみた場合はどうか。CG映画としてみると同じCGのゴジラ映画であるギャレスゴジラとの比較ができるかもしれない。が正直に述べると、ギャレスゴジラとシンゴジラは映画としての種類が違うと思っているので、比較というよりかは好みの問題になるだろう。シンゴジラゴジラ映画としてみた場合、ゴジラ映画としての内容も両者で全く異なっている。比較点があるとすれば破壊描写とゴジラの挙動だろう。ギャレスゴジラは従来のゴジラ映画を象徴するようにゴジラによる体を使ったダイナミックな破壊と挙動が持ち味であると言えよう。一方のシンゴジラは本体は全く動かないレーザーでの破壊がメインだ。挙動も緩急の差が激しい落ち着きのないものだ。どちらを好むかは完全に人それぞれだが、私は先にも述べた通り従来のゴジラの挙動を継承しているギャレスゴジラの方が圧倒的に好みだ。

 というわけなので、シンゴジラの特撮に関しては私は評価できない。が、あれを特撮映画として観たとしても、ガメラ3の特撮は超えていないと評価している。正直CGを使った迫力ある映像の演出は卑怯だと思っている。だが同じCGメインの映画であるギャレスゴジラは好きだ。なぜかといえばCG映画なのに従来のゴジラ映画を象徴した破壊描写と動きを表現しているからだ。CG映画として見ても、特撮映画として見ても私はシンゴジラを評価できなかったりする。まあ「日本のCG映画」の中ではいい方なんじゃないの?そもそも日本のCG映画全般がアレだとは言ってはいけない。

・最後に

 とにもかくにも、私はシンゴジラを受け入れられなかった。ゴジラ映画としては文句なしの最低ランクであろう。では一つの映画としてはどうなのかといえば、まあ・・・ありかな?というのも、最近の邦画を全く見ていないので、他との比較ができなかったりする。怪獣映画としてはうーん・・・だし、災害映画?被災の描写が全くないのはなあ・・・。記録映画?何を記録しているのだ?日本の駄目駄目っぷりか?自虐史観の極みだな。

 まあ結論を言えば、今の日本が詰まりに詰まった映画であるといった方がいいか。実際にあの映画で描かれているのは今の日本にゴジラのようなものが出現したらどうなるかだし。今の日本を象徴している映画と呼べばいいか。それが良いか悪いかは人次第だろう。私は今の日本を象徴している映画を受け入れられなかった。ただそれだけのことだ。

 

 以上で今回の文章は終わりです。最後まで読んでくれてお疲れ様でした。ありがとうございました!