D.S.~ダルセーニョ~のブログ(仮)

自分で勝手に考えたことを色々書いています

アメリカのメディアリテラシー 文字ver

・初めに

 この記事は私が投稿した動画を文字にしてまとめたものです。動画の補足なんかをここに書くかも。

 動画はこちら↓

 以下たぶん動画のまま記載。

続きを読む

メディアリテラシーでわかるドナルド・トランプ文字ver

・初めに

 この記事は私が投稿した動画を文字にしてまとめたものです。動画の補足なんかをここに書くかも。

 動画はこちら↓

 以下たぶん動画のまま記載。

続きを読む

日本の報道の自由度ランキング「72位」は妥当なのか?日本の真の報道の自由度に迫る

報道の自由度ランキングは正しいのかを考察してみる

 今回は報道の自由度ランキングは本当に正しいのか、とりわけて日本の視点から考察してみたいと思う。

 報道の自由度ランキングとは何かというと、国境なき記者団が毎年春に発表している、その国の報道の自由レベルをランク付けしたものである。どうも50の質問に対する回答からランキング分けをするみたいで、一応スコアの計算式やアンケートの質問項目は公開しているとのことだ。英語のできる方は、自分で調べてみることをオススメする。

 そんな報道の自由度ランキングの2017年バージョンが2017年4月26日に発表された。そのランキングによると、日本の順位は72位。

 実は前年と同じ順位で、G7の中では最下位とのことだ。その根拠に関してだが、

東日本大震災東京電力福島第一原子力発電所の事故の際に報道が規制されたり、情報の開示が限られたりした。

特定秘密保護法が施行された。

・メディア内に自己規制が増えている。

・政権側がメディア敵視を隠そうとしなくなっている。

 とのことだ。一つ一つ突っ込んでいこう。

---日本の報道の自由度ランキング低下の原因の指摘がおかしい件について

 まず東日本大震災の件に関してだが、これは安倍政権というよりも菅直人政権の行いだ。よってそもそも今の政権に向けた指摘だというのがおかしかったりする(まあ安倍政権も未だに真実を公表していないが、それは政権というよりも日本社会に問題があるとみている)。ちなみにその当時、2011年の報道の自由度ランキングは・・・発表なし。その翌年の報道の自由度ランキングは22位(民主党政権野田佳彦首相時代)。ちなみに安倍首相になってから日本の報道の自由度ランキングは下がり続けている。・・・この時点で公平性もへったくれもない気がするがまあ続けよう。

 次の特定秘密保護法に関しては、これは国境なき記者団側が勘違いしていると思われる。そもそも特定秘密保護法とは何かというと、日本の安全保障に関する国の秘密を漏洩させた者を処罰するという、一種のスパイ防止法のようなものだ。専門家によると、まだまだスパイ防止法とは言えないほど脆弱なものであるとのことだが、ないよりはあったほうがいい、とのことなのである。そんな法律なので、そもそもメディア側には関係がないはずであるまあメディアが国の安全保障に関わる情報を入手し、それを漏洩させたら罰を受けることに文句を言っているのかもしれないが・・・ってそれ立派なスパイ行為やん。よって、特定秘密保護法で日本の報道の自由度がなくなるという主張そのものが間違っていると言えよう。

 メディア内の自己規制に関して。これは政権ではなく、勝手に「自己」規制を行うメディア側の問題。以上。

 政権側のメディア敵視に関しては、そもそも政権側にメディアに譲歩する必要性はない。政権がメディアの言いなりになってしまったら、それはメディアによる傀儡政権になってしまうではないか。別に政権がメディアを敵視しようがそれは政権の勝手であり、むしろ政権がメディアを敵視できる状態こそ「自由」な状態ではないだろうか?それに政権がメディアを敵視するのは、メディアが捏造を駆使して政権を攻撃するからであり、こちらに関しても政権よりもメディアの方に責があると言えよう

 ちなみに政権のメディア敵視に関しては、アメリカを始めとした先進国の多くでも見られることであり、それによって2017年は全体的に報道の自由度が後退していると言われている。だがそれはトランプ大統領が言うような、メインストリームメディアの報道にフェイクニュースが多く、情報を捏造してでも政権を攻撃するメディアが多いから、政権はメディアを敵視しているだけに過ぎない。こんなことが起こっている中で、メディアを敵視する政権だけが非難されるものなのか?むしろ「捏造してでも」政権を攻撃するメディアの方にこそ問題があるのではないか?

 以上一つ一つ突っ込んでいったが、このように日本の報道の自由度ランキング低下の根拠には、疑問が残るどころか見当はずれにもほどがあるものばかりだ。そもそも、報道の自由度ランキングそのものが国境なき記者団が勝手に判断したものであり、その公平性は最初から疑われている。実際の所、上記のように著しく公平性を欠いた理由から日本の順位を決めているので、国境なき記者団が発表する報道の自由度ランキングそのものは、非常に信憑性が薄いものであると言えよう。

続きを読む

ゆっくり解説 メディアリテラシーとは何か?文字ver

・初めに

 この記事は私が投稿した動画を文字にしてまとめたものです。動画の補足なんかをここに書くかも。

 動画はこちら↓

 

 以下たぶん動画のまま記載。

続きを読む

千葉9歳女児殺害事件終息。だがPTA会長だけを悪者にすれば、それでいいのか?

・犯人逮捕で解決させていいのか?千葉女児殺害事件

 連日世間を賑わせていた、千葉県松戸市でレェ・ティ・ニャット・リンさん(9歳)が殺害された事件。2017年4月14日に犯人が逮捕された。

 犯人は、なんとリンさんが通っていた松戸市立六実(むつみ)第二小学校のPTA会長であったことが判明した。これには近隣住民だけでなく、犯人を知った多くの人が驚いたであろう。ネットでは、もはや誰も信用することができない、だなんて声も生まれていた。そりゃそうだ。これだけ身近な人による犯行が起こったら疑心暗鬼にもなるし、地域間交流が希薄になるのも頷ける(逆に地域間交流が希薄だからこういう事件が起こるという見方もあるが)。9歳の女の子が殺害されるという衝撃の事件は、これまた衝撃の結末で幕を迎えたのであった。

 以上がこの事件の概要となるが、実は私、ちょうどこの前日に放送されていたとあるニュース番組を見て、この事件に関するふとした疑問を抱いていたりしていた。まずはニュース番組を紹介したい。

 このニュース番組に関しては、特定の曜日に限定されてしまうが、毎週twitterで呟いて参加していたりする。で、このニュース番組の中で、コメンテーターの有本香さんがとある発言をなさった。この発言に関して、私は以下のように呟いた。

  その発言で私はリンさん殺害事件との関連性を考えたが、特に深く考えることなく終わらせていた。・・・それからの今日の真相解明である。驚きと同時に理解もした。どうしてPTAの会長があんなことをしてしまったのか?それは偶然前日(2017年4月13日)に知ってしまった情報と照らし合わせると、見えてくるものがある。これだけは始めに言っておきたいが、PTA会長だけを悪者にしてはいけない。リンさん殺害事件は今の日本社会の風潮、それも、メディアでは絶対に問題視されない風潮が引き起こしたものであると考えている。

 今回はリンさん殺害事件に関して私が知ったことも踏まえて記述するのと同時に、リンさん殺害事件の本当の背景、本当は何が一番悪いのか、について書きたいと思う。

続きを読む