読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D.S.~ダルセーニョ~のブログ(仮)

自分で勝手に考えたことを色々書いています

韓国からわかる三権分立の大切さ

my thinking

・パククネ大統領の罷免で学ぶ三権分立

 2017年3月10日、韓国のパククネ大統領の罷免の是非を決定する弾劾裁判において、裁判官6人全員がパククネ大統領の罷免を決定した。これによりパククネ大統領は失職し、ここから60日以内に次の大統領を決める大統領選挙が行われることとなる。パククネ大統領の罷免に関するまとめは以下の記事などを参照してもらいたい。

 このパククネ大統領の罷免に関しては、本当に「司法」による決定だったのかどうかが注目されている。というのも、当時の韓国世論は北朝鮮情勢が不安定化しているにもかかわらず、パククネ大統領に対するヘイトに満ちていた。噂ではこの韓国世論のヘイトも北朝鮮の工作の一環だなんて噂がある。つまり国民感情として、パククネ大統領の罷免を求める声が多かったのだ。この国民感情に司法が負けてしまったのではないか?と分析している日本の識者が数多く存在している。

 国民感情に司法が負けるという事はどういうことなのか?それ即ち、独立した司法の判断よりも国民の意見の方が優先されることを意味する。一見するとこれは、真の民主主義の決定なのではないかと思うかもしれない。国民が国民の手で裁きを下したのだからある意味では民主主義の勝利と言え、実際に韓国国内(日本でもだが)でもパククネ大統領の罷免を国民の勝利だと述べている韓国人が、報道で目立っていた。これのどこに問題があるのか?と思うかもしれない。しかしながら、では仮に司法よりも国民感情が優先される社会が本当の民主主義社会だとして、なぜ世界の民主主義国家は司法・行政・立法の三権が独立しているのか?という疑問が生まれる。真の民主主義国家を目指すことと三権分立はどう関係するのか?今回はこの辺りをまとめたいと思う。

続きを読む

コラム:なぜ小池百合子は劇場型政治を行うのか?

劇場型政治

・初めに

 この記事は、小池百合子東京都知事はどうして劇場型政治を行っているのかについての個人的な考察を、まとめたいと思います。なお劇場型政治については以前まとめたのでそちらを参照してください。また、この記事では色んな推測を行っているので、記事の内容が色んな方向に飛ぶ、難解なものになっているかもしれません。少しご注意ください。

続きを読む

劇場型政治の指導者がもたらしたもの

劇場型政治

・初めに

 この記事はこちらの記事の補足記事みたいなものになります。一応単独でも成り立つように書いていますが、こちらの記事もまた読むことをオススメします↓

 http://2segno6dall.hatenablog.com/entry/2017/03/07/191424

 

劇場型政治の代表的な人物

 今回の記事では劇場型政治の指導者とその人物がもたらしたものについて書いていきたいと思う。劇場型政治については最初に提示した記事の方を参照してもらいたい。

 早速始めるが、劇場型政治の指導者といえばどんな人物が思い浮かぶだろうか?有名所だとヒトラー小泉純一郎だ。ヒトラーは言わずもがなだ。ヒトラー劇場を繰り広げたヒトラーがもたらしたものは、第二の欧州大戦とユダヤ人の虐殺と言う人類史上に残る愚行の一つだ。そのヒトラーは完全に劇場型政治で誕生したという事は、最初に提示した記事の中で記載したので省略する。ヒトラー劇場型政治の指導者の中でも、最も悪魔の所業を見せた人物であろう。

小泉純一郎劇場型政治

 もう一人の劇場型政治の代表格、小泉純一郎はどうなのか?小泉政権時代の目玉政策といえば、郵政民営化が挙げられる。郵政民営化とは、いわゆる郵政三事業(郵便・簡易保険・郵便貯金)を民営化したことだ。これが最終的に何をもたらしたのか?結論から言えば、経済の悪化だ。詳しくは自分で調べてもらいたいが、まず郵政を民営化したことにより公務員が大幅に削減された。即ち公務員のリストラである。公務員の失業者が相次いだ。失業=不景気の原則はここ数十年の日本で嫌と言うほど実感したと思われる。そのうちの一つが、郵政民営化による公務員のリストラによって行われてしまったという事だ。

 とはいえ、当時の郵便局事務局員の給料は、税金から出されたものではなく、郵政三事業の収益の中から出されたものだった。公務員削減によって税金の無駄遣いを抑える目的で行ったのかもしれないが、実際は公務員の削減では税金の無駄遣いは抑えられない結果となった。むしろ財投預託金(公団公社などへの貸し付け利息)と国債利回りの方が税金の無駄遣いとの指摘もある。

 また郵便局が扱うお金や仕事自体が民間会社になってしまったことで、お金に関しては今まで国費の一部だった郵便局のお金が無くなったことによる国費減少、仕事に関しては統制が取れていたものがバラバラになったことによる非効率化が行われてしまった。

 これらはいずれも小泉首相が目標として行ったことであるが、蓋を開けてみたら真逆の結果になってしまったことは否めない。また郵便局のお金が民間に流れたことが今日の不況の原因の一つであるとも考えられる。詳しくは除外するが、こちらの記事を参照してもらうとその理由がわかると思う。ぶっちゃけていうと、郵政民営化は日本に悪影響しかもたらさなかったのではないか?ということだ。

続きを読む

小池劇場を始めとした「劇場型政治」はなぜ成立してしまうのか?

メディア・リテラシー 劇場型政治

・まずはお詫びから

 まずはお詫びから。小池百合子氏に関しては以前ブログに書いたことがある。その記事において私は小池百合子氏を応援するかのような記述を行った。実際に東京都知事選挙の時も、投票権はなかったが小池百合子氏を応援していた。

 そうやって当選した小池百合子氏の政治があんな形になってしまったことは、応援した身からすれば、深くお詫びをしたい。まあ本当に詫びるべきは当選させた都民なのかもしれないが。

 そもそもまだ就任して一年も経っていないのに評価していいのか疑問に思うかもしれないが、少なくとも豊洲市場への移転延期で無駄なお金が豊洲の維持費として使われていることは事実だ。もしも小池都知事ではなかったら、無駄なお金を費やさずに築地市場から豊洲市場への移転が、スムーズに行われていたかもしれない。本来使われるはずのなかったお金が使われてしまっているという点では、小池都知事に対してマイナスの評価をせざるを得ないだろう。

 とはいえ以前のものにも書いたが、結局最終的には都民次第。以前の記述では小池都知事を引きずりおろそうとするメディア工作が横行する可能性があるので、それに都民は惑わされないようになるべきだと書いた。蓋を開けてみたら、逆に小池都知事を持ち上げる形で工作が行われる結果となったことはさすがに想定外だった。が、どちらにも共通することは、メディアと都知事の繋がりだ。前者はメディア対都知事の構図だが、後者はメディアと都知事が癒着しているという構図だ。そしてどちらにしろメディアが大きな力を持っていることに変わりはないので、結局メディア報道に惑わされない東京都民が東京都政を正常化させるべきという最終結論に変わりはない

 小池都知事を応援したことについてはお詫びしよう。が、最終的には都民が自分の頭で考えて都政を行っていくべきだという考えに変わりはない。まず最初にこのことを記述しておこう。

・小池劇場を始めとした劇場型政治とは?

 前置きは以上にして本編に入る。今回の記事では小池劇場を始めとした劇場型政治について書いていきたいと思う。劇場型政治とは何かというと、単純明快なキャッチフレーズを打ち出し、マスメディアを通じて広く大衆に支持を訴える、ポピュリズム的政治手法のことを言う。劇場型政治として有名なものは小泉純一郎政権時代の小泉劇場がある。小池百合子都知事本人も小泉政権時代に当選したいわゆる小泉チルドレンと呼ばれる人だ。そんな小池百合子氏が行う政治が劇場型政治になることは、冷静に考えれば予想できたものかもしれない。

 劇場型政治のポイントはマスメディアを活用するということだ。つまりマスメディアが劇場型政治には欠かせないという事だ。マスメディアを利用した政治=劇場型政治という単純構造にはならないかもしれないが、マスメディアが存在しなければ劇場型政治は成立しないのは確かだ。

---ヒトラー劇場型政治を行っていた?

 このメディアとの関連性を考えると、実はとある政治が劇場型政治なのではないかという疑問が出てくる。それはナチスドイツだ。ナチスドイツはメディアを使って自分達の主張を広めた。この政治戦略の成功によりナチス党は当時のドイツで強い支持を獲得し、その結果誕生したのがあのアドルフ・ヒトラーだ。今でこそヒトラー時代のドイツは独裁政治だと言われていて、ヒトラーこそが悪者だと言われているが、そのヒトラーを誕生させたのはナチスのメディアを使ったプロパガンダに惑わされてしまった、当時のドイツ国民だ。つまりナチスドイツはポピュリズム的政治手法によって台頭してしまったという事なのだ。こういう風にして考えると、ナチスドイツもといヒトラー政治もまた劇場型政治であったと言えよう。まさにヒトラー劇場である。実際の所ヒトラーは演説が上手だったとのことで、ヒトラー劇場は彼の政治にぴったりの表現だと考えている。

 こういう風にして考えると、劇場型政治というのは実は最終的には独裁政治を生み出す可能性のある危険な政治であることがわかる。今小池百合子都知事がまさにこの劇場型政治を行っていて、それが小池劇場として世論を賑やかしている。

・2017千代田区長選挙からわかる小池劇場

 実際の所、小池劇場は成功していると思われる。それは2017年2月5日に行われた千代田区長選挙からわかる。

 注目すべきは投票率だ。投票率自体は53.67%と決して高い数字ではないが、これでも千代田区単独の選挙の投票率としては過去最高の数字だという。逆に今までの数字が低すぎるだろ・・・。過去最高の投票率を記録した上で小池陣営の石川雅己氏が圧勝で当選した。これはまさに劇場型政治が成立している証拠であり、また千代田区民はメディア報道で選挙に赴いたことがわかる証拠でもある。本当にそうなのか?と疑問に思う人がいるかもしれないが、そんな方には次の質問を与えよう。なぜ過去最高の投票率を記録した?

続きを読む

人手不足を考察してみる③結局企業が全部悪い?

人手不足

・初めに

 この記事も含めたシリーズの一覧はこちら↓

 http://2segno6dall.hatenablog.com/archive/category/%E4%BA%BA%E6%89%8B%E4%B8%8D%E8%B6%B3

 今回の記事では前二つの記事を踏まえた上での記述になります。こちらを読む前に、前の記事二つを読んでおくことをオススメします。

 

・人手不足の本当の理由

 前二つの記事では、正社員不足そのものの考察と業種別に考えた人手不足の考察を行ってきた。前二つの記事の考察を踏まえた上で、改めて人手不足の理由を考察してみると、以下の要素が人手不足の主な理由であると推測することができる。

・若者の価値観の変化(深夜労働したくない、楽な仕事がしたい、時間に自由が欲しいetc)。

ブラック企業の横行による正社員という名の安定の崩壊と企業への信頼度の低下。

少子高齢化と労働場所の数が釣り合っていない。

---若者の価値観の変化は見方を変えれば企業の問題になる

 そしてこの三つはいずれも企業の問題が含まれる。若者の価値観の変化は若者の問題なのではないかと思うかもしれないが、そもそもこの価値観の変化は本当に問題なのか?深夜労働したくないという意見は、そもそも深夜労働がおかしいのではないかという若者からの問題提起だ。実際インターネットでは24時間営業の廃止に歓迎の声が高まっている。

 楽な仕事がしたいというのは若者の仕事に対する情熱がなくなっていることになるが、ではその仕事に対する情熱をなくしているのは誰だ?ブラック企業の横行で企業不信が強まっている状況で、どうやって仕事に対する情熱を高めようというのだ?

 時間に自由が欲しいというのも、一日8時間週40時間労働のフルタイム勤務に対する問題提起という見方だってできる。そもそも日本社会は働きすぎといわれており、この働きすぎな日本社会に今の若者は疑問を抱いているのではなかろうか?

 以上のように考えると、若者の価値観の変化に対応できない企業が悪いという部分が浮かんでくる。実際の所、若者に人気で人手不足に陥っていない企業だって存在している。そういう企業は若者が就業したいと思えるような工夫をしている。例えば、労働時間が少ないだけでなく残業がなかったり、仕事内容が楽というよりも楽しいといった工夫だ。

---「楽」と「楽しい」は違う

 「楽」と「楽しい」は同じ漢字を使っているがその意味は全く異なる。この意味が分かるだろうか?人気な仕事というのは単純に仕事が楽しかったりなどして、評判のいい仕事なのだ。今はインターネットが発達していることにより、仕事が楽しい企業=ホワイト企業に関してはインターネットで拡散される。その結果、ホワイト企業に対する求人が急増。つまり、応募がホワイト企業に偏ってしまっているから相対的に人手不足が起こっているという事なのだ。またホワイト企業に求人が偏ってしまうのは、ブラック企業を敬遠している求職者が多いことも作用している。

続きを読む